読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアルな研究者の卵~理系大学生へ~

理系大学生(博士)が理系大学生(後輩)と科学の発展を願う人に向けた記事を書きます。たまに個人的な趣味も記事にします。

新入生のパソコン

パソコン技術 大学生へのアドバイス

こんにちは。Physineです。

そろそろ、大学入学が決定する人が現れてくる頃でしょうか。進学が決定した方、おめでとうございます。

今回は、パソコンの選び方について超簡単に、ざっくりと説明しようと思います。大学生になったら、レポートや課題提出などにパソコンが必要になります。今回は、パソコンのスペック(性能)の見方、おすすめのスペックを紹介していきます。

   

 

 

デスクトップパソコンとラップトップ(ノートパソコン)がありますが、持ち運びという面から、ノートパソコンの話です。

CPU、メモリ、ドライブメモリ、MSofficeの4つに絞って簡潔に話そうと思います。

CPU、メモリ。基本的には、この二つを抑えておけばパソコン選びは失敗しません。

 

 

 

CPU


これはいわゆる、パソコンの脳です。グレードが上がるほど複雑な処理が簡単に出来る、と考えてください。主要なCPUは、CeleronCore i3Core i5Core i7があります。最近出た新しいAMDRyzenについては、私がまだ詳しくないので言及しません。とりあえず、基本的(?)なところを。
選ぶポイント
ネットサーフィン、メールのみであればCeleronで十分です。理系学生ではほとんど無いと思います。安価ですけどね。
MS製品、WordやPower Pointをよく使う場合はCore i3は必要です。
授業の課題としてプログラミングをやるような人はCore i5がオススメです*1
Core i7はと言うと、研究室で、プログラミングを併用して、解析をするような研究室用のパソコンとかではない限り、個人用としてはオーバースペックです。

 

メモリ

 

これは、脳(CPU)が作業するスペースの広さ、と考えてください。広い程作業しやすいです。これはいろんな大きさがあります。1GB,2GB,4GB,8GB,16GB…。ザックリといえば、4GB以上を選択すれば特に不自由は起こらないです。ただし、プログラミングをする人は8GB以上にしましょう。16GB以上になると、ちょっとオーバースペックかもしれません*2

   

 

ドライブメモリ


これは記憶容量です。HDD、SSDがあります。容量は500GB、1TB、2TBなどがあります。データをたくさん保存する人、特に映像データを沢山保存する人は1TBはあった方がいいです。2TB以上は研究室レベルだろう、というのが私の認識です。適度に画像を保存する程度の人であれば500GBで十分です。HDDとSSDの違いはデータの転送・処理速度の違いです。動画の編集作業などをする人、パソコンの立ち上げを早くして音も静かにしたい人はSSDの方がいいかもしれませんが、そうでない人はHDDで十分です。

 

MSoffice

 

マイクロソフトオフィスのこと、つまり、ワード(Word)やエクセル(Excel)、パワーポイント(Powerpoint)のことです。

これは、あらかじめインストール用のディスクを購入するか、これらがすでにインストールされたPCを買うかの二択になります。メリット・デメリットは、インストール用ディスクを一度購入しておけば、新しいパソコンを購入する際に余計に料金を支払わなくても済む一方、新しいバージョンを入手したいときは別途お金がかかる、ということです。

   

 

まとめ


以上から、大学に入ったばかりの人にオススメするパソコンは


レポートをやるため、ネットサーフィンをするために使う人は、Core i3、4GBメモリ、500GB HDD

 

プログラミング課題などが課されている人は、Core i5、8GBメモリ、500GB HDD

 

研究室でプログラミングを用いて解析したり、研究室で使うようなアプリを動かしたり、データをたくさん保持する人はCore i7、8 GB以上、2TB HDDが必要になるでしょう。

 

補足として、ネットゲームを(かなりガッツリ)やる人や、動画の編集・投稿をする人には、上のパソコンではまだ力不足な側面があります。SSDを用いたり、CPUの種類をこだわったり*3。私はそこまでは詳しくないので、説明はしない予定です。参考にしてみてはいかがでしょうか。

   

 

*1:私は大学のパソコンルームみたいなところで大学のパソコンを用いてプログラミングの授業を行っていましたが、最近では自前のパソコンでプログラミングの授業を行うところがあるみたいです。

*2:動画編集する人やネットゲームをする人には必要です。

*3:先日、ニコ生でパソコンを購入するところを実況している人がいたので覗いてみましたが、電源までこだわる人がいてびっくりしました。よく考えれば電源の出力インピーダンスが下がるほど安定した電源として利用できることは間違いないので、たとえ温度が上がって多少、電源の抵抗が上昇しても安定して電源が使えるという事実は、どんな重い処理をしてもきちんと電源供給できるということなので、こだわるポイントだなぁと思いました。